2018年2月 
ウィメンズ・ヘルス・アクション
メディアセミナー

2018年2月14日(水)、「ウィメンズ・ヘルス・アクション」初のメディアセミナーを東京大学・伊藤国際学術研究センターで開催しました。
「日本人女性の『月経』や『妊娠』をめぐる問題~思春期から気をつけたい、健康課題の最前線~」と題し、プレコンセプションなどをテーマに現代女性が直面している健康課題について講演。ご来場いただいた約40名のメディアの方々に、最新の研究データなどをお伝えしました。

2018/2/14(水)「ウィメンズ・ヘルス・アクション メディアセミナー」開催
@東京大学「伊藤国際学術研究センター」

パネルディスカッション全体写真

はじめに

女性の「月経」と「妊娠」をめぐる現状について
対馬 ルリ子(ウィメンズ・ヘルス・アクション副代表/女性医療ネットワーク 理事長)

講演①

プレコンセプション 最新研究から紐解く、日本の女性の健康を守るための提言
講師/荒田 尚子 先生(国立成育医療研究センター 母性内科医長)

講演②

心身ストレスから不妊へ!? ~卵巣機能の低下と不妊のメカニズム
講師/原田 美由紀 先生(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 講師)

講演③

着床障害のメカニズムと不妊治療の成功率を上げるための取組み
講師/廣田 泰 先生(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 講師)

まとめ

ウィメンズ・ヘルス・アクション 挨拶と今後の取組み
大須賀 穣(ウィメンズ・ヘルス・アクション副代表/東京大学大学院 医学系研究科 産婦人科学講座 教授)

databook「ウィメンズ・ヘルス・アクション DATA BOOK
女性が輝きつづける社会を実現するために、一人ひとりができること」

こちらのメディアセミナーにて配布したデータブックをダウンロードいただけます。
現代日本の働く女性に日常的に起こっている女性特有の健康問題にスポットを当て、一人ひとりが自分自身の健康やあるいは周囲の女性の健康を考える上で有用となる情報をまとめています。是非ご活用下さい。

※所属・役職は講演当時のものです。


TOP