2019年2月 第五回シンポジウム
「女性が健やかに輝きつづける社会へ!」

2019年2月24日(日)、「ウィメンズ・ヘルス・アクション」として五回目になるシンポジウムを東京大学・伊藤謝恩ホールで開催しました。
『女性の「メンタル不調」を考える』をテーマに各方面でご活躍の有識者を招き、うつや月経前症候群、更年期障害についてお話をいただき、多くの来場者が真剣に耳を傾けていました。
当日の様子は、読売新聞全国版で採録紙面が掲載されます。

2019/2/24(日)「ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 東京」開催
@東京大学・伊藤謝恩ホール

パネルディスカッション全体写真

ご挨拶①

ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会 副代表
対馬 ルリ子(後藤アナ代読)

ご挨拶②

経済産業省 商務・サービスグループ 政策統括調整官
江崎 禎英

ご挨拶2 写真

基調講演
「ホルモンの変動とつきあうための基礎知識」

東京大学大学院 医学系研究科 産婦人科学講座教授
大須賀 穣

基調講演 写真

パネルディスカッション
「働く女性のメンタル不調にどう対処する?」

  • 吉村泰典内閣官房参与
    慶應義塾大学名誉教授
    吉村 泰典
  • 相良洋子さがらレディスクリニック院長
    日本産婦人科医会常務理事
    相良 洋子
  • 福嶋弘子社会保険労務士
    株式会社クラフス代表取締役
    福嶋 弘子

  • 出井京子ドコモ・ヘルスケア株式会社取締役
    ビジネス推進本部長
    出井 京子
  • 後藤 繁榮[総合司会]
    NHK「きょうの料理」アナウンサー
    後藤 繁榮

※所属・役職は講演当時のものです。


TOP